アメブロで稼ぐ!アフィリエイト「アメーバピック」で貯まるドットマネーとは


ドットマネーとは

ドットマネーとは、日本最大級のポイント交換サイトです

アメブロなどを運営している株式会社サイバーエージェントのグループ企業株式会社ドットマネーが運営しています



2020年4月アメブロで記事を書いて収入を得る機能「Ameba Pick(アメーバピック)」がリリースされました


このAmeba Pick(アメーバピック)

商品をピックして、それをそのブログを見た読者さんが購入した時に報酬がもらえます

その報酬がドットマネーになって手に入るのです


これからアメブロを書いて稼ごうと思うと、ドットマネーを活用していくということになるんですよね



アメブロユーザーは基礎知識としてドットマネーのことを知っておいて欲しいので、この記事で解説していきますね



ドットマネーの魅力

ポイントを現金などに変えてくれるサイトは多数あります

その多くがポイントを(特に現金に)変えるときは手数料が必要なのです


ところがドットマネーは現金をはじめ、どの交換先を選んでも手数料が無料!

これはかなりお得なものになってます



ドットマネーの交換先

ドットマネーの交換先はとてもたくさんあります

現時点で記載されているものを紹介しますね


  • 銀行振り込み 
  • Amazonギフト券 
  • iTunesギフトコード 
  • QUOカードPay
  • 楽天スーパーポイント
  • Pontaポイント 
  • PayPal 
  • nanacoポイント 
  • JALマイレージバンク 
  • dポイント 
  • au WALLET 
  • ANAマイレージクラブ 
  • ココナラポイント 
  • Google Play ギフトコード 
  • 楽天Edy 
  • WAONポイント 
  • Tポイント 
  • Amebaコイン


かなり実用的な交換先が用意されているなというのが私の感想なのですが、どうでしょう



ドットマネーの交換方法


現金の場合

ドットマネーを現金に変えたいときは
「1マネーを1円」として計算されます


ただし、最低交換額が決められていて銀行によって最低交換額が違います

最低交換額は1000マネーからと2000マネーからの2つに分かれています

三菱UFJ・三井住友・みずほ・ゆうちょ・楽天、これらの銀行は1000マネーから手数料無料で交換してもらえますよ!


現金以外の場合

現金以外も最低交換額が決まっていて、1マネーを何ポイントと交換できるかがそれぞれ決められています

例えばコンビニで使えるPontaポイントやnanacoポイント、イオン系列のWAONポイントなどは

300マネーで300ポイントに交換してもらえます


どちらにしてもがんばって最低交換額までポイントを貯めないといけないですね



ドットマネーの貯め方

ドットマネーはアメブロでアフィリエイト報酬が発生した時に貯まります


それ以外にも

ポイントサイトのポイントをドットマネーに交換したり、サイト登録やブログのフォローなのでポイントがもらえたりしますよ



ドットマネーのはじめ方

ドットマネーはアメブロユーザーであれば、アメブロに登録している

・アメブロID

・パスワード

これがあればすぐに始められます



ドットマネーはここからどうぞ


ドットマネーの注意点

ドットマネーは手数料無料で現金や電子マネーなどに交換してくれる優秀なポイント交換サイトなのですが、唯一気をつけなければならないのが

ポイントの失効期間が6ヶ月と早いのです!


6ヶ月以内に最低交換額をクリアして、自分で交換の手続きをしなくちゃいけないので

これだけは気をつけて下さいね

ポイントは失効すると、どれだけ貯めていても「0」になってしまいますからね


Ameba Pickに登録すると、ポイント情報がアメブロでもチェックできる様になりますよ


登録の方法はこちらの記事で解説していますよ!



ポイントを上手く貯めてお小遣い稼ぎをしちゃいましょうねー!





0コメント

  • 1000 / 1000

小野舞子(アメブロ集客&主婦起業の専門家)

私は私でよかったと思える働き方
それが主婦起業です!
「自分の力で稼ぎたい」
「もっと役に立てる私になりたい」
そんな女性の起業をアメブロを中心とした集客で叶えます♡


1977年 兵庫県生まれ、2歳より大阪北摂在住。私立相愛高校、相愛短期大学卒業。
1997年 繊維総合卸業に就職。担当商品の売上を3倍に伸ばし話題に。
2005年 最年少で責任者に昇進。衣料業界不振の中売上を伸ばし続ける。
2008年 長女出産。育休取得後も新規事業に取組み売上アップに貢献。
2011年 会社統合により会社都合で退職。