商品・サービスの魅力が伝わる記事があるか【アメブロ集客12のポイント】


集客できるアメブロ講座12のステップ

あなたのブログはこれができてる? 

その6 商品・サービスの魅力が伝わる記事があるか
 




「商品・サービスの事なら書いてます」

「それなら、前に一回書きました」


ブログコンサルをしていてもこう言われる時が多いのだけど…


一回書いてるくらいじゃ伝わらないし

そのサービスの“魅力”が伝わる記事を書いておかなくちゃいけないのよー!



では!

商品・サービスの魅力が伝わる記事とはどんな記事か


それはね、まずはこの3つをやると良いですよ


  1. 誰に届けたくて書いているのかをしっかり自覚する
  2. 届けたい相手がわかる言葉で書く
  3. 他との違いを明確にする



このブログを書いているマイコさんの例で説明すると

1、誰に届けたくて書いているのかをしっかり自覚する

→アメブロからお申し込みが欲しいと思っているけどインターネットの事とかよくわからない主婦


2、届けたい相手がわかる言葉で書く
→コンバーションとかベネフィットとか専門用語は使わない


3、他との違いを明確にする

→マイコさん自身がワンオペ中の主婦なので、主婦のほんまのほんまの現状が分かる

その上でそれでもできるアドバイスを渡すことができるし、実際結果が出てる人がたくさんいる


マイコさんはこんな感じで3つを明確にしています

そうすると、WEB集客に必要な一般論を書いてる場合じゃなくて

「苦手だー!嫌いだー!」と思いながらもやりたいと思う人に

「このブログなら私も読んで実践できそう!」と思ってもら得るかを色々考えるのよね

そしてその考えたことを記事にするのです


マイコさんは最初メイクレッスン講師をしていて

その時のブログが全国からお申し込みをもらえる人気ブログだったので

今アメブロ講師をしているのだけれども


メイクレッスンをしている時も

  1. メイクに苦手意識があって、コスメカウンターが怖い人
  2. 極力カタカナは使わない
  3. とにかく怖くない!!

これを明確にしていたので

「アイブロー」を「眉毛書くやつ」と表記したり

ドラッグストアーで買えるコスメ中心に紹介したりしてましたよ!


もう4年前くらいの記事ですが、参考にしてみてね

↑このクレヨンリップは実際に買いました報告をたくさんの方からいただきましたよ!



今日紹介した3つ

  1. 誰に届けたくて書いているのかをしっかり自覚する
  2. 届けたい相手がわかる言葉で書く
  3. 他との違いを明確にする


これを一度書き出してみて、それを見ながらブログを書いてみてね♡



1番目が
うまく出ない人は
来て欲しくない人を出していくといいですよ!

マイコさんの場合
・男の人
・自分に使える時間やお金がある若い女性
・アドバイスした事を「それはできない」とか言って、全否定してくる人
こんな感じかな

嫌な方がたくさん出てくるかも

まずは
自分が考えていることを
自分で認識するのがとても大切なので
どれかだけでもいいので
やってみてね♡



このシリーズはこちらの12項目を順に解説しています 


ぜひ自己診断してみてね!    

0コメント

  • 1000 / 1000

小野舞子(アメブロ集客&主婦起業の専門家)

私は私でよかったと思える働き方
それが主婦起業です!
「自分の力で稼ぎたい」
「もっと役に立てる私になりたい」
そんな女性の起業をアメブロを中心とした集客で叶えます♡


1977年 兵庫県生まれ、2歳より大阪北摂在住。私立相愛高校、相愛短期大学卒業。
1997年 繊維総合卸業に就職。担当商品の売上を3倍に伸ばし話題に。
2005年 最年少で責任者に昇進。衣料業界不振の中売上を伸ばし続ける。
2008年 長女出産。育休取得後も新規事業に取組み売上アップに貢献。
2011年 会社統合により会社都合で退職。